2017-10-06から1日間の記事一覧

好酸球について、なるべく感度の高い1次情報を調べられる限り調べた結果

好酸球(こうさんきゅう、Eosinophil granulocyte)は、白血球の一種である顆粒球の1つである。正常な末梢血でみられるのは成熟型で、普通染色標本でみると、エオジン親和性の橙黄色に染まる均質・粗大な顆粒(好酸性顆粒)が細胞質に充満し、核は通常2分葉で…

インターロイキン12(IL-12)の役割と花粉症との関係について医療機関の1次ソースで調べた

インターロイキン-12(英: Interleukin-12, IL-12)は、インターロイキングループのサイトカインの一つである。 IL-12p70は二つのサブユニット、IL-12p35とIL-12p40からなるヘテロ二量体で、主に食細胞と樹状細胞で産生される[1]。IL-12は1989年に初めて発見…

ヘルパーT細胞について、医療系1次ソースを参考に超わかりやすく解説

参考サイト ヘルパーT細胞 ヘルパーティーさいぼうhelper T cell翻訳|helper T cellブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説 ヘルパーT細胞ヘルパーティーさいぼうhelper T cell 抗原で刺激されたB細胞に作用して,B細胞の抗体産生細胞への分化を補助す…

花粉症の仕組みを医療関係1次ソースから超わかりやすく解説する

ある物質に対して、体が過敏な拒否反応を示すのをアレルギーといいますが、中でも、スギ花粉によって引き起こされるアレルギー性鼻炎(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)やアレルギー性結膜炎(眼の痒み、流涙)等を総称として、俗に花粉症といいます。アレルギー…